医療法人宝持会 池田病院 診療科目 内科・外科・整形外科・消化器科・循環器科・眼科・皮膚科・麻酔科・放射線科・リハビリテーション科

医療法人宝持会池田病院

お問合わせはこちらから TEL.06-6721-0151

理学・作業・言語聴覚療法とは

理学療法・作業療法・言語聴覚療法の3部門があり、総合リハビリテーションの施設基準を取得しています。医師と看護師、医療相談員などの多職種と患者様でチームを構成し、一人ひとりの患者様の状態に合わせ、リハビリテーション総合実施計画書を作成し、訓練室だけでなく病棟生活においても、スタッフが専門的なリハビリテーションを行います。情報を共有することにより、病気やケガと闘う患者様、御家族様の一日でも早い家庭復帰、社会復帰を目指し支援する体制を整えています。又、スタッフ室を同じにすることで日々の情報交換や協力を密にし、研鑽を積んでいます。

対象

  • 人工関節など整形外科手術後のリハビリテーション
  • スポーツ外傷後のリハビリテーション(ACL損傷など)
  • 脳血管疾患患者様のリハビリテーション
  • 内部(心臓・呼吸器・腎臓など)障害のリハビリテーション
  • がん患者様のリハビリテーション
  • 透析患者様のリハビリテーション
  • 摂食・嚥下訓練

    など

診療方針

総合リハビリテーションセンター理念

●個別性を尊重した真心の対応
●「臨床・教育・研究」の三要素を兼ね備えたセラピストを目指します。

<急性期から生活期(維持期)まで>
当センターは急性期のリハビリテーションから亜急性期、回復期、生活期のリハビリテーションに携わっています。

急性期
主に整形外科疾患、内科疾患、外科疾患、脳血管疾患等に対し、早期からリハビリテーションを開始しています。日々の変化を捉え、リスク管理を重要視して取り組んでいます。
亜急性期・回復期
急性期治療を終えたあと、多職種とのチームアプローチにより在宅復帰を目指してリハビリテーションを行います。回復期においては、365日リハビリテーションを提供しています。
生活期
外来リハビリやデイケア、訪問リハビリテーションは、退院後の生活の質の向上を目指してリハビリテーションを行います。外来リハビリにおいては、午前中と夜診で対応しています。

理学療法士(Physical Therapist:PT)

写真 運動療法・物理療法などを駆使し、積極的に離床を促し、ADL(日常生活活動)の為の動作の向上を目指します。

作業療法士(Occupational Therapist:OT)

写真食事やトイレ等のADL(日常生活活動)訓練及び作業活動を通じてのアプローチを行います。退院後の生活の場となる家屋の問題解決に向けた提案も行います。

言語聴覚士(Speech Therapist:ST)

写真言葉の機能や発音の訓練を行い、コミュニケーションに必要な援助を行います。
又、お食事時においては嚥下訓練(飲み込む訓練)も行います。
Copyright © Ikedahospital All Rights Reserved.