カテゴリー別アーカイブ: 未分類

育成委員会

4月には、池田病院にも新人看護師が入職しました

4月1日から3日まで看護部育成委員会のメンバーが中心となり新人研修を行いました。
その研修の中の一つ、防災訓練をご紹介いたします

この防災訓練は開院当初より取り組んでおり、古い記録では、1987年にさかのぼります。

87'消防訓練

昔は、消防署の方にも協力していただき、防災訓練を行っていました
DSC03847 (640x480)3855

 

 

 

 

 

右上の写真は、発電機の取り扱いを練習しているところです。

現在も、院内で消火訓練や電源の確保など、非常時にも対応できるよう訓練しています。

育成委員会では、昨年度看護職レベル研修を数多く取り組みました
新人研修18回  レベルⅡ研修1回  レベルⅢ研修4回
レベルⅣ研修1回  管理者研修1回  看護補助者研修2回
本年度も、看護職の質の向上目指して活動していきたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA                                    育成委員一人一人の持ち味を生かして、これからも運営していきます

 

今年は・・・

平成26年度秋の叙勲 瑞宝単光章を佐藤とみ子看護部長が受章させて頂きました
ありがとうございます

今年はその佐藤部長率いる、池田病院の看護部の取り組みや、部署紹介、看護部委員会紹介など
織り交ぜてブログをお届けいたします。

まずは、看護部の要、管理室の紹介です。

O

佐藤看護部長を中心に、向かって右の片腕長谷川次長、左の片腕水谷次長です。

看護部の理念にある、患者様との信頼関係を深め、地域に根ざした心のこもった看護の提供に努めます。
看護師個々の専門的知識・技術を向上させ、患者様に選んで頂けるような看護部になれるよう取り組んで
いきたいと思います

看護部平成27年度のスローガンは

                     「鍛えよう 看護の力 チームの力」

としました。

このスローガンに基づき部署や看護部委員会活動に取り組んでいきます。

ブログをご覧になられた方、関心をお持ちになられた方は、ご連絡ください
よろしくお願いします。

次回は、看護部委員会活動を紹介する予定です

 

 

H26年度 大忘年会

 

12月20日 宝持会グループの忘年会が行われました
なんと、場所はリーガロイヤルホテルです

IMG_0028IMG_0054

 

 

 

 

 

300人の職員が集まり、飲んで歌って踊って今年の労をねぎらいました

第2部で看護部の代表として透析室のみんなが余興を披露してくれました
題して気志團with池田エレキテル連合
朱美ちゃんのメイク・お面で踊る ワンナイトカーニバル なかなか見応えがありました

最後は理事長先生を囲んで集合写真

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
もちろん全員は入りきりません

毎年、この忘年会が終わると、年越しが迫ってきたなと感じます
そして、年々、1年たつのがはやくなったな~とひしひしと感じます

今年は、看護部でブログを開設することができ、また皆さんに読んでいただくことが出来
実りある1年でした

来年も、更新していきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします

 

 

「救急の日」に街頭広報活動参加しました

皆さん、ご存知でしょうか
9月9日は「救急の日」 また9月7日から9月13日の1週間は「救急医療週間」となっていました

DSC03776

市民の方々に、救護意識の向上と救急車の正しい利用方法などの普及啓発を図るため、西消防署の職員の  方と一緒に近鉄長瀬駅の改札前で当院のナースが街頭広報活動を行いましたDSC03779

駅前でのナース服にとまどい、いつもの業務とは違った緊張感の中で、ポケットティッシュと救急絆創膏パンフレットを配りました。最初は市民の皆様に手渡しすることが出来ずにいましたが、慣れてくると積極的に声をかけ、広報が出来ました
市民の皆様にとって、少しでもお役にたてたかなと、嬉しく思っています

 

 

CCF20140909_000001CCF20140909_00000

 

 

 

 

 

 

 

配布したパンフレットでもよびかけているように、救急車の適正な利用や、迅速な応急手当によって
救える命があります。

今回の活動を通して、私たちも再認識するきっかけとなりました。
当院でも救急患者さんを受け入れています。これからも救護を必要とする方々のお役にたてるように、
頑張りたいと思います。

高校生が1日看護師体験にやってきました

こんにちは
9月に入り、しだいに秋めいてきました 皆様体調など、崩されてないでしょうか?

8月5日、夏休みを利用して、 日新高校より2名の高校生が、看護師体験に来てくれました

この取り組みは、大阪府から委託されており、「看護の心」の普及・啓発、また看護に対する理解を深め
進路決定の参考にするのが目的です。

オリエンテーションの後は、病院見学をしていただきました。

検査室・リハビリ室・手術室など普段病院を受診しても行く機会がないような場所は、初めて見るので興味深く見ていました

病院見学の後は、5階病棟と3階病棟にそれぞれ1名ずつに分かれて、看護体験していただきました。

O
5階病棟体験高校生感想
「いろいろな科があって、院内にリハビリ施設
もあって設備がいいなと思いました。
看護師の皆さんが優しくて面白くてとても楽し
かったし、実際に患者さんをみて驚いたことも
あったけど、優しくあいさつしてくれたりと、嬉しか
ったです。手術室の前やレントゲン室、食堂も
一緒に行かせてもらって色々見れて楽しかった
です」

O      3階病棟体験高校生感想
「実際この目で手術室を見るのが初めてでした。
いろいろな器具があってここで本当に手術をし
ているのか不思議なくらいきれいでした。
看護師さんが患者さんの目を見ながら話して
いるのが印象的でした。老人の方を相手にす
るとき、何を喋っているのかわからなくて、どう
接していいのか正直戸惑いました。
患者さんとのコミュニケーションがとても大切な
のだと今日1日を通して学びました。」

2名とも実際の看護の場面を目の当たりにして、驚き、戸惑うこともありましたが、1日の看護体験を通して看護の心を学んでもらうことができたのではないかと思います。

こういった取り組みで、一人でも多くの高校生が看護師を目指してくれればと願っております。